各製品の詳細や国内での発売日は確定次第改めてご案内

Astell&Kern、新たな3製品を同時発表!(『KANN MAX』『AK HC2』『PATHFINDER』)

Astell&Kern、新たな3製品を同時発表!(『KANN MAX』『AK HC2』『PATHFINDER』)

2022/05/13

アユートは、ハイレゾオーディオブランド「Astell&Kern (アステルアンドケルン)」より、高出力設計のハイレゾオーディオプレーヤーをコンセプトとしたKANNシリーズ第4弾となる『KANN MAX』(カン・マックス)、スマートフォン等から手軽にHi-Fiサウンドを実現するHi-FiポータブルUSB-DACケーブル第2弾となる『AKHC2』(エーケー・エイチシーツー)、Campfire AudioとのコラボレーションIEM第2弾となり最新ドライバー技術を導入した『PATHFINDER』(パスファインダー)の3製品が発表されたとアナウンスした。
 

『KANN MAX』

■KANN MAX
発売時期:2022年5月予定
市場予想価格:199,980円前後 ※為替等によって変動する場合があります。

■KANN MAX Case
発売時期:2022年5月予定
市場予想価格:16,980円前後 ※為替等によって変動する場合があります。

Astell&Kern KANN シリーズは、高出力ながら低歪みと高S/N を両立したコンセプトで世界中のオーディオファンから愛されるハイレゾポータブルオーディオプレーヤーのラインナップです。『KANN MAX』は、「Engineered to Powerful Perfection」をスローガンとして、これまでのシリーズにおける⾧所を活かしつつ、さらなる高出力化とともにポータビリティーを実現したKANN シリーズの第4 弾モデルです。4 段階のゲイン調整、最大15Vrms もの出力を実現したことで様々なヘッドホンを、余裕をもってドライブすることが可能です。また、KANN シリーズの実績ある設計技術を活かして軽量化と小型化も可能にし、超高出力と低ノイズ、ポータビリティーの両立を実現しました。
KANN MAX はDAC 部にESS ES9038Q2M をクアッドDAC 構成で搭載し、Astell&Kern 独自のオーディオ技術により、ポータブルプレーヤーで体験できる優れたパフォーマンスを提供します。

<KANN MAX トピック>
1:4 段階のゲイン調整と最大15Vrms の超高出力であらゆるヘッドホンをドライブ
2:革新的な回路設計により超高出力と低ノイズ、ポータビリティーを両立
3:ESS ES9038Q2M クアッドDAC 搭載により、クリアでバランスのとれたサウンドを実現
4:主要回路を一体化した究極の新サウンドソリューション「TERATON ALPHA」
5:最大PCM 768KHz/32bit、DSD512 のネイティブ再生に対応
6:3.5mm アンバランス出力(光出力兼用)と2.5mm、4.4mm バランス出力対応
7:Bluetooth 5.0 搭載、aptX HD、LDAC コーデックに対応

『KANN MAX』

 

『KANN MAX』

 

『KANN MAX』

 

『AK HC2』

■AK HC2
発売時期:2022年6月予定
市場予想価格:27,980円前後 ※為替等によって変動する場合があります。

ストリーミングサービスのハイレゾ音源は、楽曲の豊かな音色や細かなニュアンスを存分に味わうことができます。しかし、多くのスマートフォンでヘッドホン端子がなくなったことで、高音質な有線イヤホンを使うことが難しくなり、ワイヤレス伝送での音質の限界や応答速度の遅さを体感している人が多くなっています。スマートフォンの無線規格やPC 内蔵のサウンドカードではなく、本物の高音質、Hi-Fi サウンドを楽しみたいユーザーは、深い悩みを抱えています。この問題を解決するために開発された『AK HC2』は、「SMALL, BUT MIGHTY」をスローガンとしてAstell&Kern のUSB-DAC 機能に特化した、ハイレゾ対応ポータブルUSB-DAC ケーブル第2 弾モデルです。初代モデルAK PEE51(AK HC1)の⾧所を生かしつつ、より多くの方に真のHi-Fi サウンドを楽しんでいただけるよう機能を充実させました。

AK HC2 は、非常にコンパクトなサイズにもかかわらず、最先端の機能が満載されており、4.4mm5極バランス出力から高品質で低ノイズ、優れたLR セパレーションのサウンドを提供できるよう慎重に設計されています。超微細なオーディオ技術により、回路、コンポーネント、パワーマネジメントを最高の状態で妥協することなく組み込むことに成功しました。Astell&Kern プレーヤーに使用され、電源変動を抑制して安定したシステムとオーディオ性能を実現するテーラード超小型タンタルコンデンサーを搭載し、最適なオーディオ回路を構成することで、性能を落とさず小型化を実現しました。また、Astell&Kern が培ってきた独自のオーディオ技術により消費電流を最小限に抑えながら、出力とオーディオ性能を高めています。AK HC2 をお使いのデバイスのUSB Type-C 入力に接続し、4.4mm バランス対応ヘッドホンを接続するだけで、繊細でダイナミック、スリリングでリアルなサウンドに没頭することができます。また、iOS デバイスのオーディオパフォーマンスを向上させたい場合は、付属のUSB Type-C to Lightning アダプターを使用するだけです。バスパワー電源のため、プラグ&プレイで高音質を手軽に楽しむことが可能です。

<AK HC2 トピック>
1:Cirrus Logic 社製Master HIFI™ DAC CS43198 をデュアルDAC 構成で搭載
2:最大PCM 368KHz/32bit、DSD256 のネイティブ再生に対応
3:テーラード超小型タンタルコンデンサーを搭載、最適なオーディオ回路を構成し小型化
4:4.4mm5 極(GND 接続あり)バランス出力による4Vrms 高出力とノイズフリーサウンド
5:銅芯線に錫コーティングを施した高耐久性デュアルノイズシールドケーブルを採用
6:USB Type-C to Lightning アダプター付属でiOS デバイスにも対応
7:Android OS 用に新たに開発した専用のボリューム調節連携アプリに対応

『AK HC2』

 

『AK HC2』

 

『PATHFINDER』

■PATHFINDER
発売時期:2022年7月予定
市場予想価格:299,980円前後 ※為替等によって変動する場合があります。

米国イヤホンブランドCampfire Audio とAstell&Kern は、優れた技術を導入した最初のコラボレーションIEM であるAK SOLARIS X を開発し、深く豊かな音を再現する名品として世界中から高い評価を得ました。そして今、Astell&Kern とCampfire Audio は再びタッグを組み、それぞれの高度な技術とデザインを融合させ、驚くべき技術とサウンドを提供する新しいハイブリッドIEM を完成させました。この共同開発によるコラボレーションIEM 第2 弾モデル『PATHFINDER』は、「The Hybrid IEM Redefined」をスローガンとして、世界初(※)のデュアルチャンバー・ドライバー・テクノロジーによりハイブリッド型IEM を再定義します。

PATHFINDER は、より広い周波数帯域とリアルな再現性、優れた帯域バランスを実現するため、全く新しい設計を行いました。中域の要にKnowles 社の世界初(※)のデュアルダイアフラム・ミッドフォーカス・BA ドライバー、高域にCampfire Audio の特許技術である「T.A.E.C. Technology」を採用し、高音域再生に特化したカスタム・デュアルBA ドライバー、そして低域から中低域にかけてはCampfire Audio の最新技術となる「Radial Venting Technology」を初採用し、10mm 径ハイブリッド振動板のデュアル・カスタム・ダイナミックドライバーを搭載。PATHFINDER の名にふさわしい革新的なサウンドを実現しました。また、3.5mm アンバランスプラグ、2.5mm バランスプラグ、4.4mm バランスプラグの合計3 本のフラットデザイン銀メッキOFC リッツケーブルが付属し、接続先に合わせてイヤホンの性能を最大限に発揮させることが可能です。より進化したハイブリッドIEM であるPATHFINDER で、独自の体験をお楽しみください。

<PATHFINDER トピック>
1:世界初(※)、Knowles 社デュアルダイアフラム・ミッドフォーカス・BA ドライバー搭載
2:高音域再生に特化したカスタム・デュアルBA ドライバー搭載
3:10mm 径ハイブリッド振動板のデュアル・カスタム・ダイナミックドライバー搭載
4:ダイナミックドライバーにCampfire Audio の最新技術「Radial Venting Technology」を初採用
5:フラットデザイン銀メッキOFC リッツケーブルが3.5mm/2.5mm/4.4mm の各プラグで計3 本付属
6:ベリリウム/銅の堅牢なカスタムMMCX コネクターを採用
7:不要な共振を抑える精密切削加工のアルミニウムシェルとステンレスパーツを採用
(※)2022 年5 月13 日現在。ハイブリッド型IEM として。メーカー調べ。

『PATHFINDER』

 

『PATHFINDER』

 

『PATHFINDER』

 

『PATHFINDER』

 

この記事の画像一覧

(全9枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP