東京のどこかで結成 エキゾチックロックバンド

NEE、バンド最大規模となる3rd TOUR「EASTER GAME」のファイナル公演を東京・Zepp Hanedaにて開催!

NEE、バンド最大規模となる3rd TOUR「EASTER GAME」のファイナル公演を東京・Zepp Hanedaにて開催!

2022/04/22

NEE、バンド最大規模となる3rd TOUR「EASTER GAME」のファイナル公演を東京・Zepp Hanedaにて開催

写真:中山優瞳

NEE、バンド最大規模となる3rd TOUR「EASTER GAME」のファイナル公演を東京・Zepp Hanedaにて開催

 

NEE、バンド最大規模となる3rd TOUR「EASTER GAME」のファイナル公演を東京・Zepp Hanedaにて開催

 

NEE、バンド最大規模となる3rd TOUR「EASTER GAME」のファイナル公演を東京・Zepp Hanedaにて開催

 

NEE、バンド最大規模となる3rd TOUR「EASTER GAME」のファイナル公演を東京・Zepp Hanedaにて開催

 

NEE、バンド最大規模となる3rd TOUR「EASTER GAME」のファイナル公演を東京・Zepp Hanedaにて開催

 

昨年秋にメジャーデビューを果たし、ジャンルに囚われない楽曲と圧巻のライブパフォーマンスで急速に知名度を拡大しているエキゾチックロックバンド“NEE”が、バンド最大規模となる3rd TOUR「EASTER GAME」のファイナル公演をソールドアウトの東京・Zepp Hanedaにて開催した。

(ライブレポート)
全国3ヶ所を回ってきたNEEの3rdツアー「EASTER GAME」。ファイナルの会場はZepp Haneda。もちろんNEEにとってはバンド史上最大規模のワンマンライブである。開演時刻、ステージ前に張られたスクリーンにアニメーション映像が映し出される。NEEのメンバー4人がウサギのぬいぐるみのキャラとして描かれた、このツアーのためのスペシャルなオープニングムービーだ。その映像のクライマックス、スクリーンに4人のシルエットが浮かび上がり、続いてそのスクリーンが振り落とされる。ついに観客の前に姿を現したくぅ、かほ、夕日、大樹の4人。ライブは「月曜日の歌」からスタートだ。くぅの力の入ったボーカルが鳴り響き、そこにかほのコーラスが色を添える。大樹のドラムもパワフルで、夕日のギターもアグレッシブ。バンドの気合がひしひしと伝わってくる。

「ボキは最強」ではゴーグルをかけたくぅとお客さんがヒーローポーズを決め、夕日とかほのソロバトルも展開。「Zeppいいな!」とくぅは興奮気味に声を上げる。続く「万事思通」ではフロアから手拍子が巻き起こり、そこから一転して静かなピアノの音色とともに始まった「本当は泣きそうです。」、そしてまたまた一転してバキバキのギターリフが炸裂する「九鬼」へ。ライブならではのアレンジも施された楽曲たちが、序盤からめくるめく展開でカオティックにぶっ放されていく。くぅの「今日はよろしくお願いします!」という短い挨拶を経て「ぱくちー」へ。夕日の渋いギターソロが鮮やかに鳴り響く中、ヘビーな歌詞とは対照的なかわいらしいサウンドでほっと一息ついたのも束の間、「因果オウホウ」の爆音でアドレナリンを大放出。その後も「第一次世界」「人外」とNEEらしいひねくれたアンサンブルとそれを凌駕するエモーションが溢れ出す楽曲でライブの空気を一変させていく。アルバム『NEE』によって広がった音楽のビジョンを完全に血肉化した、NEEの進化形がライブにダイナミックな物語となって繰り広げられていく。

MCでは「広っ!」「ヤバい!」「サイコー!」と口々に叫ぶメンバー。大樹は「2階席見えてるかい!」と手を振る。「これは、ビッグな気持ちだね。ブルーな気持ちとかあるじゃん。これはビッグな気持ち」。独特すぎる表現でZeppのステージに立てた喜びを語るくぅ。「正直、めっちゃ緊張するかなと思ってた。昨日は寝れなかった。加湿器をガンガンにつけたら強すぎて溺れそうになったから。それぐらい気合が入っているライブだし、感謝も伝えないといけんライブなので」と、さらにややこしい表現でこのライブに懸ける意気込みを口にする。来てくれたお客さんに「ここまで連れてきてくれてありがとう。このバンドでやることを決断してよかった。間違ってなかったと思う」と心からの感謝を述べる大樹をはじめ、かほも夕日もここまで来た感動やこのツアーで得た手応えを語り、ライブは「下僕な僕チン」から怒涛の後半戦へ突入していく。

NEEを支え続けてきた曲である「夜中の風船Mark II」、そしてNEEにとってターニングポイントとなった「不革命前夜」。バンドの歴史をフルスピードで振り返るような2曲を終えると、くぅが語り始める。「僕たちNEEは先日デジタルシングルで新曲をリリースしました。僕が生きてきた中で思ったことを思いっきり曲にしました。自分の中での正義なので、怖いものはないと思います。これが正しい、これが常識、そういうのはいっぱいあるけどさ、最終的には自分で決めることだと思う」。そして「幸せになってください」という言葉とともに披露された「DINDON」は間違いなくこの日のライブのハイライトだった。大樹の力強いドラムとくぅの手にしたタンバリンが高らかにリズムを鳴らし、夕日のギターが軽やかに踊る。食い入るようにステージを見つめ、手を振り上げバンドをサポートする観客にもくぅの思いはまっすぐに届いたはずだ。そこから「無償の愛をくれた人から借りたギター」というアコースティックギターを背負ったくぅが弾き語り「こたる」へ。そのくぅを支えるようにフレーズを鳴らす夕日のギターとかほのベースもとても温かい。そしてここからライブはいよいよ終盤。赤い照明で照らされた夕日のグルーヴィーなギターソロが会場を更に搔き立てる。来場者はまんまと釘付けになったのを境に「膝小僧」から「aLaLe」へ。フロアを再び一気に盛り上げると、「いくよ! ぶっ飛ばそう」というくぅの言葉から本編ラスト「アウトバーン」を投下。ぐんぐん前進するようなサウンドが、このツアーを経てさらに進化していくNEEの姿を象徴するようだった。

アンコールで再びステージに戻ってきたNEEの4人。くぅは「何か伝えたいんだけど……」と何やら考え込んでいる。どうしても思い出せないらしく、とりあえず曲をやることに。「ビリビリのーん」の濃密なグルーヴでフロアを揺らすと、こちらもNEEの歩みの中でとても大事な意味をもった「歩く花」へ。夕日がフロアを煽り、最後のお祭り騒ぎを生み出すと、最後は「帰りの会」。「またみんなで集まりましょう」というくぅの呼びかけとともに、変化と進化に満ちた「EASTER GAME」は幕を閉じた。ちなみにくぅが思い出せなかった「伝えたいこと」は本当に大したことじゃなかったらしい(てっきり何かの発表かと思っていた)。終演後には「DINDON」のMVのプレミア上映も行われたこの日のライブ。ここまで来た感謝を伝え、その先で伝えるべきことをしっかり音楽で届けた、NEEにとっても大きな一歩となる夜だったのではないかと思う。


<セットリスト>
M-01 月曜日の歌
M-02 ボキは最強
M-03 万事思通
M-04 本当は泣きそうです。
M-05 九鬼 
M-06 ぱくちー
M-07 因果オウホウ
M-08 第一次世界
M-09 人外
M-10 下僕な僕チン
M-11 夜中の風船 MarkⅡ
M-12 不革命前夜
M-13 DINDON
M-14 こたる
M-15 膝小僧
M-16 aLaLe
M-17 アウトバーン
EN-01 ビリビリのーん
EN-02 歩く花
EN-03 帰りの会

この記事の画像一覧

(全6枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP