現時点ではMacのみの対応です(Windowsには2022年秋の対応予定)

フックアップ、主要なUADプラグインをネイティブ化したUADxプラグインを低価格な定額料金でご利用いただけるサブスクリプションサービス「UAD Spark」を2022年4月よりリリースと発表!

フックアップ、主要なUADプラグインをネイティブ化したUADxプラグインを低価格な定額料金でご利用いただけるサブスクリプションサービス「UAD Spark」を2022年4月よりリリースと発表!

2022/04/20

「UAD Spark」

 

フックアップからUniversal Audioが誇る主要なUADプラグインをネイティブ化したUADxプラグインを低価格な定額料金でご利用いただけるサブスクリプションサービス「UAD Spark」が2022年4月よりリリースと発表された。

(オフィシャル概要)
UAD Spark は、Universal Audio が提供するアナログハードウェアやビンテージインストゥルメントの高品質なエミュレーションプラグインをたいへんリーズナブルな定額料金でご利用いただける、新しいサブスクリプションサービスです。UAD Spark に含まれている伝説的なスタジオ機器と楽器のプラグインコレクションである UADx プラグインは、DSPアクセラレーターを必要としないネイティブプラグインなので、最新のDAWとあらゆるオーディオインターフェイスで使用できます。フォーマットとして、VST3、Audio Units、AAX そして LUNA に対応します。なお、現時点ではMacのみの対応です(Windowsには2022年秋の対応予定)

業界をリードするアナログハードウェアやビンテージインストゥルメントの高品質なエミュレーションプラグインコレクションが、(UADハードウェアを必要とすることなく)初めてネイティブベースで動作するようになりました。Universal Audioが提供するサブスクリプションサービス UAD Spark によって、定評ある Neve®、Studer®、Moog®、API®、Lexicon® をはじめとするプラグインや、新しい Opal Morphing Synthesizer などの専用インストゥルメントを月額19.99ドル(または年額129.99ドル)の低価格でご利用いただけます。

*サブスクリプションの有償期間開始前に、14日間のトライアルが可能です。またVoltインターフェイスオーナーの方は、30日間のトライアルが可能です。

今回のリリース時には、以下13種類のプラグインが含まれます。
※エフェクトプラグイン9種類
・Teletronix LA-2A Classic Leveler Collection
・UA 1176 Classic Limiter Collection
・API 2500 Bus Compressor
・Lexicon 224 Digital Reverb
・Pure Plate Reverb
・Galaxy Tape Echo
・API Vision Channel Strip Plus
・Neve 1073 Preamp & EQ
・Studer A800 Tape Machine

※バーチャルインストゥルメント4種類
・Opal Morphing Synthesizer (UAD Sparkサブスクリプションでのみの提供)
・Ravel Grand Piano
・Moog Mini Moog
・Waterfall B3

*有償のUAD-2ライセンス(DSPバージョン)、あるいは有償のLUNAインストゥルメントをお持ちの場合は、UADxの同一プラグインを永続ライセンスとしてご使用いただけます。
*ApolloインターフェイスのHeritage Editionには以下の有償版プラグインを含むので、オーナーの方は同タイトルのUADx永続ライセンスを取得しています。

• UA 1176 Classic Limiter Collection
• Teletronix LA-2A Classic Leveler Collection
• Pure Plate Reverb

UAD-2プラグインとUADxプラグインとの違い
UAD-2(DSPバージョンの)プラグインは、UAD-2 デバイスの内部DSPアクセラレーターによって処理されます。これにより、Apolloインターフェイス使用時のゼロレイテンシーモニタリングなどの付加機能を提供し、またコンピューターのCPUへの負担を軽減します。つまり、UAD-2 プラグインを使用するためには、Apolloを含むUAD-2 デバイスがコンピューターに接続されている必要があります。

それに対して、UADx はお使いのコンピューターのプロセッサー上で動作します。従ってコンピューターに UAD-2 デバイスが接続されている必要はありません。

UAD Spark/UADxについての詳細ページ: https://hookup.co.jp/blog/899304

以下にもUAD Spark/UADxについての注意事項を掲載しています。
「UADx とは何ですか?」: https://hookup.co.jp/support/posts/901025
「UAD Spark とは何ですか?」: https://hookup.co.jp/support/posts/899761

UAD Spark/UADxの最低動作環境 (2022年4月現在)
・macOS 10.15 Catalina、11 Big Surまたは12 Monterey
・IntelまたはApple Silicon processor搭載のMac 
・インターネット接続環境(ソフトウェアのダウンロード、UADxプラグインのオーサライズ)
・Pace iLokアカウント(無償)、iLok CloudまたはiLok USB key(第2世代以降)

※UADxインストゥルメントの場合以下の条件も付加されます。
・サンプルベースのUADx instruments用のSSDストレージ(APFSフォーマット)
*UADx instrumentの種類によって、1GB~10GBの容量が必要(UAD Connectで要確認)

【注】
・現時点ではMacのみ対応(Windows対応は2022年秋を予定)
・表記のmacOS以外では未検証のため、他のOSでは動作保証しません
・プリリリース版やベータ版のOSはサポートしません
・M1 MacではRosetta環境で動作します
*Apple Silicon Macへのネイティブ環境へは近日対応

 

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP