国内での発売日は決定次第あらためてお知らせ

Astell&Kern、初のオリジナルIEM(イン・イヤー・モニター)『AK ZERO1』、4.4mm5極バランスケーブル『AK PEP11』を発表!

Astell&Kern、初のオリジナルIEM(イン・イヤー・モニター)『AK ZERO1』、4.4mm5極バランスケーブル『AK PEP11』を発表!

2021/10/15

『AK ZERO1』と『AK PEP11』

 

アユートは、ハイレゾオーディオブランド「Astell&Kern (アステルアンドケルン)」が、3つの異なるドライバーで構成したトリプルハイブリッドドライバー搭載の同ブランド初となるオリジナルIEM『AK ZERO1(エーケー・ゼロワン)』及び付属ケーブルと同じHi-Fiグレードの純銀メッキOFC 4芯線を採用した4.4mm5極バランスケーブル『AK PEP11』をリリースしたと発表した。

AK ZERO1:税込99,980 円
AK PEP11 MMCX-4.4mm5 極:税込17,980 円

※製品の詳細や国内での発売日につきましては決定次第改めてお知らせ致します。

『AK ZERO1』

(AK ZERO1のオフィシャル概要)

Astell&Kernは、音楽を原音に近い状態で体験することの素晴らしさを通じて、すべての人にインスピレーションを与え、楽しみを提供することを目的としています。より多くのユーザーに音楽の楽しさを知ってもらうために、アナログに忠実な音を出すことに対し絶えず努力しています。

『AK ZERO1(エーケー・ゼロワン)』は、Astell&Kernならではのサウンドを実現した初のオリジナルIEM(イン・イヤー・モニター)です。高度な技術を用いて特別に開発された「マイクロ・レクタンギュラー・プラナー・ダイナミックドライバー(PD:平面駆動ドライバー)」とデュアルカスタムBAドライバー、5.6mmダイナミックドライバーの3つの異なるドライバーで構成した、トリプルハイブリッドドライバーを搭載しています。3つの異なるタイプのドライバーを最高のクロスオーバー・ネットワーク・マネジメントで調和し、極めて自然で正確なサウンドを耳に届けます。3Dプリンティング技術で作られた音響チャンバー、精密なCNC機械加工されたメタルハウジング、取り回しの良いHi-Fiグレードの4芯純銀メッキOFCケーブルと、一切の妥協をしていません。また、日本の経験豊富な技術者によるハンドメイドと優秀な設備を用い、厳しい工程を経て最高の品質を実現しました。

『AK ZERO1』

『AK ZERO1』

『AK ZERO1』

 

『AK ZERO1』

 

『AK PEP11』

(AK PEP11のオフィシャル概要)
最も正確な音を実現するためだけに設計された、新しいAstell&KernのMMCX-4.4mm5極バランスケーブル『AK PEP11』は、わずかな音の変化も見逃さない、要求の厳しいオーディオファンのニーズに応えることができる魅力的なケーブルです。AK ZERO1付属のケーブルと同じ、取り回しの良いHi-Fiグレードの4芯純銀メッキOFCを採用し、4.4mm5極プラグでのAKプレーヤーとのバランス接続を可能にします。また、開発過程において、数種類のIEMでもテストを行い、あらゆるMMCXコネクター採用のIEMとの優れたサウンドマッチングを実現しました。

『AK PEP11』

『AK PEP11』

『AK PEP11』

 

この記事の画像一覧

(全6枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP