過去4度のグラミー賞受賞歴を持つシンガー・ソングライター

フェンダーミュージック、ジェイソン・イズベルのシグネイチャーモデル『Jason Isbell Custom Telecaster®』をリリース!

フェンダーミュージック、ジェイソン・イズベルのシグネイチャーモデル『Jason Isbell Custom Telecaster®』をリリース!

2021/05/12

ジェイソン・イズベルのシグネイチャーモデル『Jason Isbell Custom Telecaster®』

 

ジェイソン・イズベルのシグネイチャーモデル『Jason Isbell Custom Telecaster®』

 

フェンダー ミュージカル インストゥルメンツ コーポレーションは、過去4度のグラミー賞受賞歴を持つシンガー・ソングライター、ジェイソン・イズベルのシグネイチャーモデル『Jason Isbell Custom Telecaster®』を発表し、2021年5月12日(水)より販売を開始する。価格:214,500円(税込)

(製品オフィシャル概要)
情熱的なギタープレイ、痛烈な歌詞、力強い声で知られるジェイソン・イズベルは、伝統的なルーツ・ミュージックとモダン・ロックをダイナミックに融合させた「アメリカーナ」のムーブメントを代表するアーティストとして音楽業界に影響を与えてきました。今回初となるフェンダーとのコラボレーションは、彼が新たなミュージックジャンルを定義するきっかけとなった音楽の制作や演奏に利用したギターと同じものをファンの皆様に提供することを目的としています。

Jason Isbell Custom Telecasterは、長年ジェイソン・イズベルがツアーやレコーディングで使用してきたTelecasterをRoad Worn®フィニッシュで再現したモデルです。自身の愛器と同様の使用感を徹底して施すなど、ジェイソン・イズベルとの緊密な共同作業のもとデザインされました。同モデルは、チョコレート・サンバーストカラーにクリーム色のダブルバインディングを施した‘59スタイルのTelecaster Customボディが特徴的です。ヴィンテージ風のMid-ʼ60s “C”シェイプのメイプルネックと21フレットのローズウッド指板を採用しています。また、ピックアップ・デザイナーの名匠として知られているティム・ショウが設計したカスタム・ピックアップを搭載しており、情熱的なトーンを奏でます。モディファイド・ブリッジにより演奏性も向上しており、その見事なクラシック・トーンにマッチしたヴィンテージ・スタイルでありながらエレガントなギターとなっています。

ジェイソン・イズベルは次のようにコメントしています。「フェンダーとのコラボレーションは、僕にとって大きな意味を持つんだ。12歳の頃からフェンダーのギターを所有し演奏してきたから、フェンダーの楽器は僕の音楽人生にはなくてはならないものなんだよ。今回、自分のお気に入りのテレキャスターをRoad Wornフィニッシュで再現したいと思ったんだ。ギターを引っ掻いたり傷つけたりすることを気にせず、存分に楽しんで弾けるからね。子供の頃、クリスマスに新品のフェンダーのギターをもらったとき、ギターに傷がつかないかと心配しながら握ってたよ。少しギターに傷がつき始めてから、そんなに気にせずに気楽に持てるようになったんだ。」「今回このギターを選んだ理由は、実際にテストしてみてその実力を証明することができたからなんだ。このモデルのルックス、サウンド、プレイアビリティをとても気に入っているよ。チューニングが本当に崩れないから、世界中のギタリストに手にとってもらいたいよ。」

フェンダー製品開発責任者 ジャスティン・ノーヴェルは、次のようにコメントしています。「ジェイソン・イズベルは、長年カントリーミュージックを定義してきたサウンドと、ソウル、ブルース、ロックなどのジャンルを超えた独自のアプローチを融合させた音楽を制作・演奏してきました。輝かしい受賞歴を持つ彼のサウンドを真似したいというファンのために、ジェイソンと協力し、彼のCustom Telecasterの究極のRoad Worn®モデルを再現することができました。このデザインは、ジェイソンが長年のキャリアを通じて愛用してきた複数のTelecasterを組み合わせたものになっています。‘59スタイルのTelecaster Customボディ、21フレットのローズウッド指板、彼のサウンドを再現するために特別に設計されたジェイソン・イズベル・ピックアップなど、随所に手が加えられています。」


ジェイソン・イズベルについて
ジェイソン・イズベルは、同世代の中で最も尊敬され、有名なソングライターの一人として地位を確立しています。アラバマ州北部出身のジェイソン・イズベルは、人間の最も深く、そしてシンプルな感情を表現し、それを美しい詩ともに歌にする驚くべき才能を持ちます。また人々の日常を、思慮深く、ハートフルに、そして時には残酷なまでに正直に歌い上げます。2013年に「Southeastern」をリリースしてブレイクし、その後、アルバム「Something More Than Free」(2015年)と「The Nashville Sound」(2017年)は、グラミー賞の最優秀アメリカーナ・アルバム賞と最優秀アメリカン・ルーツ・ソング賞を受賞しました。2019年にリメイク公開された「アリー/スター誕生」では、楽曲「Maybe It's Time」を提供。最新スタジオアルバム「Reunions」(2020年)は、新曲10曲を収録し、アーティスト人生で最もパワフルで、創造性と自信に満ち溢れていると絶賛されています。2021年4月には、マーティン・スコセッシ監督の新作映画「Killers of the Flower Moon」で俳優デビューすることが発表されました。

この記事の画像一覧

(全2枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP