2021年初夏より発売

ハーマンインターナショナル、独自のHDIホーン技術と新開発コンプレッションドライバーを採用した高品位なプレミアム・スピーカーシステムJBL「HDI Series」をリリース!

ハーマンインターナショナル、独自のHDIホーン技術と新開発コンプレッションドライバーを採用した高品位なプレミアム・スピーカーシステムJBL「HDI Series」をリリース!

2021/04/15

JBL「HDI Series」
JBL「HDI Series」
ハーマンインターナショナルは、今年創立75周年を迎えるアメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランドであり、日本においてワイヤレススピーカー3年連続販売台数No.1に輝く※1「JBL」ブランドより、独自のHDI(High Definition Imaging)ホーン技術と、新開発コンプレッションドライバーを採用した高品位なプレミアム・スピーカーシステム「HDI Series」を2021年初夏より発売する。

※1 全国の家電量販店、パソコン専門店、ネットショップなどから収集した実売データ「BCNランキング」にもとづき、1年間の累計販売数量が最も多かった企業を部門ごとに表彰する「BCN AWARD 2020」にて、ワイヤレススピーカー部門の第1位を3年連続で獲得しました。

(製品オフィシャル概要)
「HDI Series」は、HDIホーンによる優れた空間表現とバッフルをユニット幅いっぱいに狭めたスリムなキャビネット、コーナーの無いラウンドシェイプにより、広く明瞭な音場再生能力を誇ります。ラインアップは、強力ウーファー3基を搭載したフロア型モデル「HDI-3800」、「HDI-3600」と、シングルウーファーのコンパクトなブックシェルフ型モデル「HDI-1600」の3モデルです。

中高音域用ユニットには、JBLプロフェッショナルが開発し、JBLスタジオモニターの最上位モデル「4367」や最新モデル「4349」に搭載されているD2コンプレッションドライバー技術から派生した、強力なネオジム・リングマグネットとTeonex®製リングダイアフラムを用いた新開発コンプレッションドライバー「2410H-2」を搭載。先進のHDI(High Definition Imaging) – Xウェーブガイド・ホーン技術を用いた新世代の定指向型ホーンと合わせて、JBLらしい明瞭で抜けのある中高音域かつ鮮明で立体的な音像イメージの創出を実現しています。

また、低音域用ユニットには、振動板に軽量高剛性アルミ・マトリックスコーンを採用した低歪・高出力ウーファーを採用。最上位モデル「HDI-3800」には200mm径ウーファー「JW200AL-12」、「HDI-3600」には165mm径ウーファー「JW165AL-12」をそれぞれ3基搭載。最上部のウーファー1基と下2基のウーファーをスタガー接続することで、中音域の定位の明瞭化とトリプルウーファーによる重低音再生の両立を可能にしています。

そして、これらユニット群の性能を最大限に引き出すために、ブレーシングによる綿密な内部補強や底板にボトム・ベースボードを用いた高剛性キャビネットを採用。シックなグレイ・オークのリアルウッドフィニッシュはあらゆるインテリアにマッチします。

 日本レコード協会(RIAJ)が発表した音楽サブスクリプションの2020年年間配信売り上げは前年比111%増の783億円で7連続プラス成長、3年連続2桁増を達成した他、アナログレコード(邦盤)の売り上げも前年比116%増となり、昨今のライフスタイルの変化と合わせて、特に自宅で音楽を聴くことのへ需要と同時に、高音質再生を実現するためのオーディオシステムへの期待も高まっています。

今回発売する「HDI Series」は、創立より75年もの長きに渡るサウンドテクノロジーを採用することで実現した、本格的なJBLサウンドとスリムでエレガントなプロダクトデザインを両立することで、様々なライフスタイルシーンで音楽を存分にお楽しみいただけます。

JBLがお届けする新世代の高品位プレミアム・スピーカーシステム「HDI Series」でワンランク上のミュージックライフをお楽しみください。
 

この記事の画像一覧

(全2枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP