『SR-C20A』のカラーバリエーションモデル

ヤマハ、お好みの色でインテリア空間を演出できるサウンドバー「SR-C20A(W)ホワイト」と「SR-C20A(R)レッド」をリリース!

ヤマハ、お好みの色でインテリア空間を演出できるサウンドバー「SR-C20A(W)ホワイト」と「SR-C20A(R)レッド」をリリース!

2021/04/14

サウンドバー「SR-C20A(W)ホワイト」と「SR-C20A(R)レッド」
サウンドバー「SR-C20A(W)ホワイト」と「SR-C20A(R)レッド」

ヤマハは、同社史上最小*1となる横幅60cmのコンパクトボディで手軽に設置でき、サイズを超えた豊かな臨場感が楽しめるサウンドバー『SR-C20A』のカラーバリエーションモデルとして、お好みの色でスタイリッシュにインテリア空間を演出できる『SR-C20A(W)ホワイト』と『SR-C20A(R)レッド』を6月上旬より全国で発売する。価格はオープン(市場想定売価:21,800円前後 ※税抜19,800円前後)

*1当社サウンドバー製品の容積比較において。

(製品オフィシャル概要)
今回発売する『SR-C20A(W)ホワイト』、『SR-C20A(R)レッド』は、ヤマハ史上最小となる横幅60cmのコンパクトボディでテレビやパソコンの前にも手軽に設置でき、ワンランク上の映像体験が楽しめるサウンドバー『SR-C20A』のカラーバリエーションモデルです。新たに、シックで落ち着いた空間に調和するホワイトと、本格的なゲーム環境にマッチするレッドの2色をラインアップしました。インテリアや好みに合わせてお選びいただけ、リビングやプライベートルーム、寝室など、幅広いお部屋でお使いいただけます。テレビや映画、ゲームなどの感動と興奮をさらに深める没入感の高い音と併せて、より豊かな映像・音楽ライフをお届けします。

<概要>
1.横幅60cmのコンパクトサイズで手軽に設置、ARC対応のHDMI端子搭載で簡単接続
2.「クリアボイス」や「バスエクステンション」、ヤマハ独自チューニングのサラウンド技術により
テレビの音を聴きやすくグレードアップし、サイズを超えた豊かな低音と臨場感を再現
3.上質なファブリックを使用したスタイリッシュなデザイン、操作性に優れたタッチボタンを採用
4.Bluetooth®ワイヤレス音楽再生に対応、専用アプリ「Sound Bar Remote」による操作が可能

この記事の画像一覧

(全2枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP