コンパクトながらフットスイッチ8基を搭載

ヤマハミュージックジャパン、Line 6「HX Stomp XL」と「HX Messenger Bag」をリリース!

ヤマハミュージックジャパン、Line 6「HX Stomp XL」と「HX Messenger Bag」をリリース!

2021/03/02

HX Stomp XLHX Stomp XL
HX Stomp XL
HX Stomp XL
HX Messenger Bag

HX Messenger Bag

HX Messenger Bag

ヤマハミュージックジャパンからコンパクトながらフットスイッチ8基を搭載したアンプ/エフェクト・プロセッサー、Line 6「HX Stomp XL」と最適なキャリングバッグ「HX Messenger Bag」がリリースされた。「HX Stomp XL」価格:オープン(市場想定売価:90,000円税抜)、「HX Messenger Bag」価格:オープン(市場想定売価:9,000円税抜) 発売日:共に3月下旬予定

(製品オフィシャル概要)

【HX Stomp XL】

「HX Stomp」は非常にコンパクトながら、フラッグシップモデル「Helix」と同じアンプ、キャビネット、エフェクトのサウンドを得ることができる、プロフェッショナルグレードのアンプ/エフェクト・プロセッサーです。一般的なアンプとペダルによるセットアップや、ライブやスタジオでのPA 機器へのダイレクト出力など、さまざまな環境や目的にシームレスに取り入れることが可能です。「Helix」に採用されているSHARC DSP チップとHX モデリング技術はそのままに、300 種類以上のアンプ、キャビネット、エフェクト、ルーパーに加え、Line 6 の「M シリーズ」および「DL4」をはじめとするストンプボックス・モデラーに含まれる人気の高いエフェクトを搭載しています。

このたび発売する『HX Stomp XL』は、コンパクトなサイズでありながらフットスイッチ8 基を搭載したアンプ/エフェクト・プロセッサーの新製品です。コントロール性をさらに高めたことでリアルタイムでのパフォーマンス性が向上し、ギタリスト、ベーシストへのベストソリューションとして、ステージ、スタジオでのライブ用ギア、レコーディングなど、幅広い用途に対応します。
 
概要
1.フットスイッチを3 基から8 基へ大幅に増やし、よりパワフルとなったペダル
2.リアルなサウンドを徹底的に追求したモデリング
3.さまざまなセットアップに対応可能なフレキシビリティと拡張性


主な仕様
•HX Stompのパワーに8基のフットスイッチを追加
•123dBのダイナミックレンジによる驚異的なサウンド・クオリティ
•Helixプロセッサーと同じSHARC DSPチップとHXモデリングを搭載
•カラーLEDリングを装備した8基のキャパシティブタッチ・フットスイッチ
•300種類以上のHXおよびレガシー・アンプ/キャビネット/エフェクトを搭載し、最大8種類を同時使用可能
•サードパーティ製インパルス・レスポンス(IR)対応
•ワールドクラスのポリフォニック・ピッチシフト・エフェクトを搭載
•ルーティングの自由度を最大化するパラレル・シグナル・パス
•さらなる創造的なコントロールを可能にするデュアル・エクスプレッション・ペダル/フットスイッチ入力
•ステレオ・エフェクト・ループ(モノ/ステレオ TRSセンド+リターン)
・寸法:68(H)×316 (W)×120 (D)mm
・重量:1.52kg

【HX Messenger Bag】
HX Stomp XLやHX Stomp、HX Effectsに最適なキャリングバッグ。ラゲッジ・グレードの構造、機材保護のための緩衝材と頑丈なFidlock製マグネット・バックルを採用。

 

この記事の画像一覧

(全5枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP