軽量さと堅牢さはそのままに使いやすさを向上。スーツケース・タイプもラインアップ

ローランド、ボス「BCB-30X」「BCB-90X」「BCB-1000」をリリース!(ギター・エフェクターを機能的に収納できるペダルボード3モデル)

ローランド、ボス「BCB-30X」「BCB-90X」「BCB-1000」をリリース!(ギター・エフェクターを機能的に収納できるペダルボード3モデル)

2021/01/19

「BCB-30X」「BCB-30X」

 

「BCB-90X」「BCB-90X」

 

「BCB-1000」「BCB-1000」

 

「BCB-1000』運搬時のイメージ「BCB-1000』運搬時のイメージ

 

ペダル・レイアウトが自由な「ホールディング・パッド」が付属(写真は『BCB-30X』)ペダル・レイアウトが自由な「ホールディング・パッド」が付属(写真は『BCB-30X』)

 

ローランド、軽量かつ堅牢な設計と使い勝手の良さで評価を得ているボス(BOSS)・ブランドのペダルボードの新製品「BCB-30X」「BCB-90X」「BCB-1000」がリリースされた。2021年2月13日(土)発売。価格はオープン(市場想定価格税込:「BCB-30X」=6,600円前後、「BCB-90X」=22,000円前後、「BCB-1000」=44,000円前後)

(製品オフィシャル概要)
「BCBシリーズ」は、ギターやベースの音に多彩な効果を加えるBOSSコンパクト・ペダルやマルチ・エフェクターなどを収納し、蓋を取り外すだけで、すぐに演奏可能な状態にセットアップ可能なペダルボードです。発売以来、軽量かつ堅牢なペダルボードとして、多くのプレイヤーの支持を得てきました。今回発売する『BCB-30X』『BCB-90X』は、ペダル設置可能面積の拡大やより柔軟なペダル・レイアウトを実現、さらに使い勝手を向上しています。

また、スーツケース・タイプのモデル『BCB-1000』は、BOSSのコンパクト・ペダルを2列配置可能なアルミ製のペダル・プレートを採用。プレートの裏側には、電源部、ペダルボード内の配線を格納可能なスペースを設けており、より自由度の高いペダル・レイアウトを実現します。さらに、長さを3段階に調節できるハンドルと、底部にホイールを備えているため、スーツケースのようにスムーズな運搬が可能です。

ここがポイント
『BCB-30X』『BCB-90X』:軽量・堅牢な設計と持ち運びやすさはそのままに、使い勝手をさらに向上
『BCB-1000』:スーツケース・タイプの設計によりさらに可搬性に優れたペダルボード

ペダル・レイアウトの自由度が向上(『BCB-30X』『BCB-90X』)
『BCB-30X』『BCB-90X』に採用の「ホールディング・パッド」は、簡単に加工が可能。ペダルの位置はもちろん、微妙な角度など、ユーザーの好みに合わせた自由なペダル・レイアウトが可能です。また、このパッドはローランド・オンライン・ストア(https://store.roland.co.jp/)でも入手可能です。

運搬に最適なスーツケース・スタイル(『BCB-1000』)
『BCB-1000』は、3段階に伸縮可能なハンドルと底部ホイールを備えたスーツケース・スタイルを採用し、運搬時の負担を大きく軽減。また、飛行機内への持ち込みサイズを実現しました。大切なペダルを手荷物として持ち込むことが可能です。

この記事の画像一覧

(全5枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP