最先端のサウンド、センサー性能の向上や優れた拡張性によりこだわりの演奏表現を可能に

ローランド、「Aerophone Pro」をリリース!(デザイン、表現力、サウンドのすべてがプロ仕様になったデジタル管楽器 最上位モデル登場)

ローランド、「Aerophone Pro」をリリース!(デザイン、表現力、サウンドのすべてがプロ仕様になったデジタル管楽器 最上位モデル登場)

2020/12/08

「Aerophone Pro」「Aerophone Pro」

 

「Aerophone Pro」
「Aerophone Pro」
ローランドは、デジタル管楽器「Aerophoneシリーズ」の最上位モデルとして、デザイン、演奏表現力、サウンドのすべてをプロ仕様に磨き上げた「Aerophone Pro」(エアロフォン・プロ)を2021年1月16日(土)に発売する。価格はオープン(試乗予想価格:165,000円前後)

(製品オフィシャル概要)
管楽器奏者に創造性と表現力をもたらす、まったく新しいデジタル管楽器として2016年に誕生した「Aerophone」。多彩な音色でいつでもどこでも気軽に楽しめる「Aerophone AE-10」の発売以降、よりシンプルに演奏できる「Aerophone GO」(2018年)、エントリーモデルの「Aerophone mini」(2019年)とラインアップを広げ、多くの管楽器奏者を魅了してきました。電池駆動でヘッドホンも使える「Aerophoneシリーズ」は、ご家庭でも周囲に気兼ねなく、管楽器や弦楽器、シンセサイザーなど、あこがれのサウンドで演奏を楽しめます。

このたび発売する『Aerophone Pro』は、世界中のプロの演奏家から意見を集め、ステージ映えする洗練されたデザイン、演奏表現力、サウンド、拡張性など大幅に進化。豊かな表現とこだわりの音づくりが可能になったプロフェッショナル・モデルに仕上がっています。

・ステージ映えする洗練されたデザイン
流れるようなボディに、メタリックなアルミパネルがアクセントとなった質感のあるデザインです。

・演奏者の創造力を余すところなく引き出す表現力
マウスピース内部にあるバイト・センサーやブレス・センサーが進化して、表現力やレスポンスが大幅に向上しました。

・リアルで自然な管弦楽器/民族楽器から、極上のシンセサイザーまで表現力豊かなサウンド
ローランドの最新音源を搭載することにより、管楽器や弦楽器、民族楽器、ビンテージ・アナログ・シンセサイザーから最新のデジタル・シンセサイザーのサウンドまで、300音色以上を内蔵。幅広く豊かな表現が可能です。

・プロのニーズに応える外部機器との高い拡張性
MIDI端子を新規搭載。MIDI音源やMIDIフット・コントローラーなど外部機器と接続して、こだわりのパフォーマンスが可能です。USB MIDIにも対応しているので、『Aerophone Pro』を入力機器としてパソコンを使った音楽制作にも活用できます。


こんな方にオススメ
・新しい表現力を求めるプロの演奏家、管楽器奏者、ウィンド・シンセサイザー(デジタル管楽器)愛好者
ここがポイント
・ステージ映えするデザイン、プロ仕様のサウンドや演奏表現力を備えた「Aerophoneシリーズ」の最上位モデル

この記事の画像一覧

(全3枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP