ガイドがあれば、もっと楽しく演奏できる!

ギターやウクレレの演奏に最適なリズム・パートナーBOSS「DR-01S」レビュー

ギターやウクレレの演奏に最適なリズム・パートナーBOSS「DR-01S」レビュー

2017/10/06


ギターやウクレレを弾いている時、「ドラムやパーカッションのガイドがあれば、もっと楽しく演奏できるだろうなぁ」と思った経験のある人は多いと思います。今回レビューする「DR-01S」は、そんなアンプラグドな楽器の演奏に最適なリズム・パートナーで、使い方もとっても簡単です。ここでは、「DR-01S」の魅力をダイジェスト的に紹介していきましょう!

文:平沢栄司 撮影:小貝和夫 モデル:春日雅大(協力:ミュージックスクールウッド)


最大7パート分のパーカッション楽器を使って、ガイドとなるリズムが鳴らせる!

BOSS DR-01S 使用イメージ

「DR-01S」では、シェイカー/マラカス、コンガ、カホン、ドラムスといった最大7パート分のパーカッションが用意されています。使い方は、PLAYボタンを押した後、鳴らしたいパーカッションのボタンを点灯させ、好みの通りに重ねていくだけ。これだけで簡単にリズムパターンが鳴ってくれます! なお、それぞれのパーカッションには様々なフレーズが収録されており、VARIATIONボタンで切り替えることも可能です。
 

BOSS DR-01S パターン選択▲各パーカッションは、名称の下にあるボタンを押すとオン/オフでき、有効になるとグリーンに点灯します。こちらは7つのパーカッションからハンドクラップ/ボンゴ、コンガ、ドラムスを有効にしてみた状態

 

BOSS DR-01S バリエーション 拍子指定

▲各パーカッションの演奏パターンは、写真左のVARIATIONボタンで変更できるほか、BEATボタンを押せば拍子の変更も行なえます


パーカッション楽器と演奏パターンの組み合わせを本体に保存し瞬時に呼び出せる

BOSS DR-01S フェイバリット機能

▲FAVORITEボタンを押すと、パネル上の設定から保存しておいた設定に切り替わります。また保存方法もFAVORITEボタンを長押しした後に保存先の番号を選択するだけと簡単です

 

 

フェイバリット機能を利用すると、パネル上のボタン操作で作成した設定を最大50種類まで保存できます。パーカッション楽器とパターンの組み合わせに加えて、テンポと拍子、パートごとの音量バランスも記憶可能。保存したフェイバリット番号を呼び出せば、すぐにお気に入りのリズムで演奏が始められます。もちろん、呼び出したリズムについても演奏に合わせてテンポや音量を調整したり、カウントインなども利用でき、そのリズムを元にパーカッション楽器やパターンを変更したり、さらに新しいフェイバリットとして保存することもできます。

ウッディーでオシャレなデザイン&鮮明で豊かな高音質サウンド!

手軽にリズム・パートが演奏できるもう1つの理由が、アンプ&スピーカーを内蔵している点にあります。「DR-01S」は、アコースティック楽器とのセッションに最適化されたカスタム・スピーカーとキャビネットを備えているため、サイズを超えた音質と音量でリズムを奏でてくれます。また、リアパネルにはAUX IN端子も装備されており、オーディオ・プレイヤーをつなげば、好きなアーティストの演奏を再生してセッションするといった使い方もできます。一方、ステージなどで大音量でリズムを鳴らしたい場面では、LINE OUT端子からPA機器へサウンドを出力することも可能です。
 

BOSS DR-01S ウッディーな筐体

▲アンプラグド・ミュージシャンの心をくすぐるウッディーなデザインにも注目です。BOSSのロゴやフレーム部の白木とスピーカーやパネルの黒いカラーとのコントラストが美しい


フットスイッチを利用してハンズフリー・コントロール

BOSS DR-01S フットコントロール
BOSS DR-01S FS-6使用イメージ

▲フットスイッチには、FS-6のようなデュアルタイプがお勧めです。一方をスタート/ストップとして使い、もう一方にアクセント用のパーカッション音色を割り当てておくと操作性がよく演奏の幅も広がります

オプションのフットスイッチを利用すると、足元でリズムをスタート/ストップさせたり、パネルのボタンで行なう本体のコントロール機能を割り当てることもできます。また、本体に内蔵される55種類のパーカッション音色から1つを選んでフットスイッチに割り当てる機能も用意されており、リズム・パターンを使わずに自分の足で自由に刻みながら楽器を演奏したり、再生しているパターンに重ねればフィルイン的なアクセントも付けられます。


単3形乾電池6本で駆動できる!

電源は、付属のACアダプター以外に単3形乾電池6本も使用できます。これにより、ケーブルから完全に解放されるため、いつも楽器をプレイしている部屋はもちろん、楽器と一緒に持ち運べばリビングからベッドルームまで、好きな場所ですぐにリズムと一緒のプレイが楽しめます。また、軽量コンパクトなのでアコースティック楽器と一緒に外に持ち出すことも簡単。友人宅でのセッションに活用したり、路上パフォーマンスのリズム隊として使うなど、様々なフィールドで貴方をサポートするリズム・パートナーとして活躍してくれるでしょう。
 

▲単3形乾電池6本で駆動が可能で、約10時間(使用状況により異なる)の演奏が行なえます

▲丸みを帯びたデザインも印象的で、スマホと比べるとコンパクトであることが良く分かります。また、アンプとスピーカーを内蔵しながら重量は900gと軽量なので持ち運びも苦になりません


編集後記

BOSS DR-01S ウクレレ使用イメージ

 

「DR-01S」ですが、まず皆さんにお伝えしたいのはこの製品を使うと非常に楽しい!ということです。また記事中でもスマホやルービックキューブと並べて撮影してみましたが、想像以上にコンパクトですよ! しかも、ウッディーな筐体は見た目にもかなりおしゃれ。お部屋での使用はもちろん、電池駆動もできるので公園などにも持って行きたくなると思います。楽器.meの歌詞/コードをご覧のアンプラグドな楽器のプレイヤーの方々にお勧めです!

この記事の画像一覧

(全10枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

製品情報

BOSS「DR-01S」
価格:オープンプライス
(市場想定売価(税込):27,000円前後)

 

主な仕様

最大同時発音数:24音
テンポ:4分音符=40~300
拍子:3/4、4/4、6/8

音色
シェーカー
マラカス
ベル
ホイッスル
タンバリン
パンデイロ
クラベス
カウベル
トライアングル
ギロ
ボンゴ
ハンド・クラップ
パイラ
コンガ
カホン
ドラム
メトロノーム
効果音

フェイバリット数:50
定格出力:7W
スピーカー:10cm(4インチ)
ディスプレイ:7セグメント3桁LED
DA変換:24ビット
規定入力レベル:AUX IN:-20dBu
入力インピーダンス:AUX IN:22kΩ
規定出力レベル:LINE OUT:-10dBu
出力インピーダンス:LINE OUT:1kΩ
推奨負荷インピーダンス:LINE OUT:10kΩ以上

接続端子
AUX IN端子:ステレオ・ミニ・タイプ
LINE OUT端子:ステレオ・ミニ・タイプ
CTL 1, 2端子:TRS標準タイプ
DC IN端子

電源
アルカリ電池(単3形×6:別売)
ACアダプター

消費電流:330mA

連続使用時の電池の寿命
アルカリ電池:約10時間
※使用状態によって異なります。

付属品
取扱説明書
「安全上のご注意」チラシ
ACアダプター
保証書
ローランド ユーザー登録カード

別売品
フットスイッチ:FS-5U
デュアル・フットスイッチ:FS-6、FS-7


外形寸法 / 質量

幅(W):210 mm
奥行き(D):143 mm
高さ(H):127 mm
質量(ACアダプターを除く):900 g

 

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP