牧野由依の歌う「レット・イット・ゴー」を含む、ファンタジー感満載のディズニーアルバム

Serph『Dieney Glitter Melodies』インタビュー(電子音による楽曲の制作エピソードを公開)

Serph『Dieney Glitter Melodies』インタビュー(電子音による楽曲の制作エピソードを公開)

2020/10/20

エレクトロニカ・アーティストのSerphさんが、ディズニーの名曲を得意の電子音で再構築したアルバム『Dieney Glitter Melodies』をリリースし話題を呼んでいます。ここでは、曲作りで使用したという音楽制作ソフト、エイブルトン「Live」やサンプル素材、音源などの話を中心に、唯一のボーカルトラック「レット・イット・ゴー」に参加した牧野由依さんとのレコーディング/ミックス秘話などを交え、今作の聴きどころに迫ってみたいと思います。ちなみに、各楽曲はディズニーのオリジナル曲を耳コピしながらマウスで打ち込んだそうです。ディズニー好きはもちろん、全DTMer必聴のアルバムですよ!

取材:東 徹夜(編集長)
 

──そもそも、今回のアルバムを制作することになった経緯から教えて頂けますか。

Serph:ユニバーサルの方からお話を頂いて制作することになりました。

──Serphさんご自身は、ディズニーに対してはどのような印象をお持ちですか?

Serph:やっぱりファンタジーの総本山という感じですかね。意識してなくても小さい頃から影響を受けていると思います。

──ちなみに好きなアトラクションや映画などを挙げるとすると?

Serph:最近の作品ですけど、『ズートピア』や『トゥモローランド』はキャラクター、ストーリーともに好きです。

──さて、今作にはディズニーを代表する12曲(デラックス盤を含めると13曲)が入っているわけですが、選曲された基準というのは?

Serph:一通りディズニーの曲を聴いてみて、メロディーがしっかりしていて自分の作風に合いそうなものを選びました。

──では、最初に着手された曲は?

Serph:11曲目の「星に願いを」です。で、その後が10曲目の「いつでも一緒」。どちらもメロディーがシンプルで始めやすかったので。

──「星に願いを」は冒頭のオルゴールの音色が印象的でしたが、これはどのような音源で鳴らしているのですか?

Serph:たしかイギリスかどこかのサンプルですね。教会、鐘、ミュージックボックスなどの音を録音した素材集が元だったと思います。それをエイブルトン「Live」のサンプラーで鳴らしています。

──ウッドベースのようなフレーズも入っていますよね?

Serph:あれはオーディオサンプルを切り貼りして作りました。

──「Live」のサンプラーに取り込んで打ち込みしたということですか?

Serph:いえ、オリジナルのウッドベースのフレーズを細かくピッチ調整して使っているんですよ。

──ちょうどよく楽曲にマッチするフレーズがあったんですね。

Serph:はい。素材はかなり揃えているので。
 
──10曲目の「いつでも一緒」に関してもサンプルを?

Serph:そうですね。アルペジオっぽいのはサンプルで、ピアノとシンセのスイープっぽい音は「Live」の中の音源です。
 
──2曲目の「メインストリート・エレクトリカル・パレード」でもふんだんに電子音が使われていますよね。

Serph:はい。「いつでも一緒」の後に作ったのがこの楽曲なんですけど、チップチューンっぽい音が入っていますね。これは「Sonix LFO Chabela」です。この曲はもともとスウィングしているドラムにメロディーを加えていったのですが、それはカエルカフェのジャズドラムのサンプルです。
 
──「メインストリート・エレクトリカル・パレード」のメロディーは、まさにディズニーランドを象徴するようなものだと思いますが、こういった楽曲のデータはディズニーさんの方から譜面やMIDIデータを提供されたりしたのですか?

Serph:いえ、全部耳コピなんです。

──他の曲もすべて?

Serph:はい。

──Serphさんは、もともとピアノを勉強されていたのですか?

Serph:半年間くらい習っていたんですけど、全然ダメで。あと、クラシックギターも1年半くらいやったんですけど、それもダメで(笑)

──でも、ディズニーの曲の耳コピができるなんて、すごい才能の持ち主だと思います。

Serph:まぁ、いい経験になったんでしょうね。

──耳コピするのも大変ですよね?

Serph:でも、集中すれば結構やれるもんですよ。

──1曲を作るのに、どのくらいの時間をかけるものなのですか?

Serph:数日程度です。アルバム全体で3ヶ月間くらいですから。

──そうなんですね。では、「メインストリート・エレクトリカル・パレード」の次にできた曲というのは?

Serph:「真実のキス」、「ぼくの旅」辺りです。でも、その後「レット・イット・ゴー」以外は間髪入れずに作っていった感じです。
 
──「On My Way」にはギターの音色も入っていますよね。

Serph:はい。これはギターの単音のサウンドをサンプラーに入れて、弾いています。

──ギターには歪み系のエフェクトも加えているのですか?

Serph:いえ、もとの音のままです。低域がちょっと出ていたのでEQでカットしたくらいです。
 
──ウッドベースやギターなど、生楽器のサンプルも豊富にお持ちなんですね。

Serph:サブスク系のものにも入ってますし、そういうので日頃から探していますね。

──続いて3曲目「レット・イット・ゴー」についてですが、こちらの曲では牧野さんをフィーチャーされていますよね。Serphさんの方からオファーを?

Serph:はい。もともと僕がファンで、ユニバーサルさん経由で打診させてもらいました。

──牧野さんのどんなところに魅力を?

Serph:何というか、エモーショナルで高音が通りますよね。声域も広いし。

──楽曲自体は牧野さんの歌声に合うようなアレンジを考えて?

Serph:そうですね。「レット・イット・ゴー」の原曲は声を張って突き抜けて勝利するみたいなイメージだったんですけど、僕はサビのところをよりリリカルにさせて落ちサビにしました。そうすることで、牧野さんの声がより際立つと思って。

──牧野さんの歌のキーに合わせて楽曲を用意されたのですか?

Serph:いえ、そこは原曲のキーのままですね。

──音色などでこだわった点を挙げるとすると?

Serph:周波数の高い電子音を細かく刻んで、一番上にスパイスっぽく重ねているんですけど、それで雪の感じを演出しています。そこはこだわったところだと思います。

──牧野さんとは実際にレコーディングではお会いされたのですか?

Serph:はい。

──何かサジェスチョンされたりとかは?

Serph:牧野さんらしさが出ればいいと思ったので、特にはしなかったです。

──レコーディングが終わって、どのような感想でしたか?

Serph:想像通りの出来栄えで満足でした。

──その後のミックス作業というのは、エンジニアさんがされたのですか?

Serph:いえ、エンジニアさんにドライなボーカル素材をもらって、ミックスは僕自身でやりました。

──どのようなボーカル処理をされたのですか?

Serph:「Max/MSP」のディレイがすごくマッチしていると思って、それをかけています。あと、「Speech Enhancer」のコンプとEQで少し中音域を下げて。わりとドンシャリ系の感じが好きなので。
 
──ミックスの際にエイブルトン「Live」以外のプラグインなどを使うことはありましたか?

Serph:いえ、基本は「Live」のみですね。

──Serphさんは「Live」の使用歴はどれくらいなのですか?

Serph:「Live 4」くらいから使っているので、もうかれこれ10年以上になりますね。

──なぜ「Live」をチョイスされたのですか?

Serph:なんとなくですよ。デザインとか自分に合いそうだなと思って。

──ミックスで使用したヘッドホンやスピーカーについても教えて頂けますか。

Serph:ヘッドホンはゼンハイザーで、スピーカーはJBLの20〜30年前の結構デカいものを使ってます。ゼンハイザーのはスピーカーで鳴らしたときの感じに近いので気に入ってます。で、イヤホンはバング&オルフセンですね。バング&オルフセンも余計なイコライジングされてなくて、わりと素直な印象だったので使っています。

──ミックスする上で苦労した曲はありましたか?

Serph:やっぱり「レット・イット・ゴー」ですかね。僕は普段あまりボーカルものはミックスした経験がなかったもので。

──わかりました。では、そろそろ時間がきてしまったので、あらためて今作の聴きどころを一言お願いできますか。

Serph:そうですね。聴きどころではないですけど、まずは現実を忘れるような体験をしてもらいたいですね。例えば「美女と野獣」の後半は、ピッチが徐々に上がってより盛り上がるような展開にしているんですけど、そういった部分も含めてファンタジーの世界に心を飛ばしてもらえたらうれしいです。

──今作はジャケ写もディズニーとSerphさんのコラボとなっていますよね。

Serph:はい。これまでも僕の作品を手掛けている河野愛さんがデザインをしてくれています。特にミッキーの周りの装飾がSerphの世界観になっていると思います。細かいタッチの絵なんですけど、まさに今作の「電子音で彩られたディズニーの世界観」が表わされていると思います。楽曲と共にジャケ写の世界も楽しんでもらえたらと思います。
 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 
Serphプレゼント

TuneGateの公式Twitterアカウント「@tunegate_me」をフォローして、対象のツイートをリツイートすると、抽選で1名様にSerphさんのサイン入りブックレットをプレゼントします!



■応募期間
2020年10月20日〜2020年11月3日23:59まで

■参加条件および応募について
・プレゼントの応募にはTwitterアカウントが必要
・非公開設定(鍵付き)のTwitterアカウント、引用リツイート(冒頭にRTをつけるツイート)は対象外
・当選の連絡までにフォローを外した場合も対象外となります

■当選の連絡について
・当選された方には、@tunegate_meよりDM(ダイレクトメッセージ)にてご連絡します
・当選可否や抽選の状況についてはご返答できません
・期間内にご返信がない場合は、当選権利を放棄したものと判断させていただきます

※注意事項
・応募はお一人様1回限り
・応募対象者は日本国内にお住まいの方のみ
・第三者に譲渡・売却などをすることはできません
・プレゼント内容は予告なく変更や中止することがあります。あらかじめご了承ください

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

Serph
『Disney Glitter Melodies』
発売中

『Disney Glitter Melodies』特設サイト

https:// sp.universal-music.co.jp/disney/glitter-melodies/
アルバム詳細、配信先一覧はこちら
https://lnk.to/Serph_Disney

<アルバム情報>
タイトル:Disney Glitter Melodies
アーティスト:Serph
CD発売日 / デジタル配信日:2020年9月16日(水)

<CD only>
品番:UWCD-1078
¥2,700+税
仕様:1CD

https://www.universal-music.co.jp/p/uwcd-1078/

<初回生産限定盤デラックス・エディション>
品番:UWCD-9022
¥5,000+税
仕様:1CD+Tシャツ同梱キラキラBOX

https://www.universal-music.co.jp/p/uwcd-9022/


Serph『Disney Glitter Melodies』通常盤
 
▲通常盤の内容(商品展開図)
 

Serph『Disney Glitter Melodies』初回生産限定盤

▲初回生産限定盤の内容(商品展開図)
 

Serph『Disney Glitter Melodies』限定盤のTシャツ
▲限定盤のTシャツについて



■アルバム収録曲
(全 12 曲 )※カッコ内は映画名

01. A Whole New World [Aladdin]
ホール・ニュー・ワールド
アラジン

02. Main Street Electrical Parade [Disneyland(R)]
メインストリート・エレクトリカル・パレード
ディズニーランド

03. Let It Go (End Credit Version) [Frozen] (feat.Yui Makino)
レット・イット・ゴー~ありのままで~(エンドソング)feat. 牧野由依
アナと雪の女王

04. True Love's Kiss nchanted]
真実のキス
魔法にかけられて

05. Part of Your World [The Little Mermaid]
パート・オブ・ユア・ワールド
リトル・マーメイド

06. Beauty and the Beast [Beauty and the Beast]
美女と野獣
美女と野獣

07. On My Way [Brother Bear]
ぼくの旅
ブラザー・ベア

08. Under the Sea [The Little Mermaid]
アンダー・ザ・シー
リトル・マーメイド

09. Speechless [Aladdin]
スピーチレス
アラジン

10. Good Company [Oliver & Company]
いつでも一緒
オリバー/ニューヨーク子猫ものがたり

11. When You Wish Upon a Star [Pinocchio]
星に願いを
ピノキオ

12. It's a Small World [New York World's Fair]
小さな世界
ニューヨーク・ワールドフェア


Special Track デラックス盤のみに収録
13. Let It Go (End Credit Version) [Frozen] (feat.Yui Makino) *English Version
レット・イット・ゴー
エンドソング ) アナと雪の女王 ] (feat. 牧野由依 ) 英語版



■店舗別特典情報:
・TOWER RECORDS:クリアファイル
・Amazon.co.jp特典:メガジャケ
・その他法人共通特典:ポストカード

Serph(サーフ)

◆Profile
東京在住の男性によるソロ・プロジェクト。2009年7月にピアノと作曲を始めてわずか 3 年で完成させたアルバム『accidental tourist』を発表。以降、コンスタントに作品をリリースしている。2014年1月には、自身初となるライブ・パフォーマンスを満員御礼のリキッドルームにて単独公演で開催した。2016年7月には、自身の代表曲をアップデートさせたベスト盤『PLUS ULTRA』を発売。2018年4月には、自身2度目となる4年ぶりのライブ・パフォーマンスを再びリキッドルームにて単独公演で行い、見事に成功させた。より先鋭的でダンスミュージックに特化した別プロジェクトReliqや、ボーカリストNozomiとのユニットN-qiaのトラックメーカーとしても活動している。自身の作品以外にも、他アーティストのリミックスやトラックメイキング、CMやWEB広告の音楽、連続ドラマの劇伴、プラネタリウム作品等の音楽なども手掛ける。


オフィシャルサイト
https://serph.jp
Serph
Serph

 

牧野由依

牧野由依

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP